探偵が困る雨の日の証拠写真撮影

探偵が困る雨の日の証拠写真撮影

探偵は裁判でしっかり採用される証拠写真を撮影しなくてはなりません。
浮気調査をはじめ、あらゆる調査の証拠写真としては、言うまでもなく顔が識別できる写真を撮ることを求められます。
探偵が張り込み調査でどんなに用意周到に取り組んでいても難しいのは、雨が降っている場合です。

それは調査の対象者が建物へ出入りする際に、雨傘で顔が隠れている場合、顔を識別できる撮影がどうにも撮れないケースもあるからです。
雨に加えて、さらに夕方や夜間などの悪条件が重なると、探偵は証拠写真を撮るのに、とても苦労をさせられます。