慰謝料回収やDNA鑑定などの解決事例

10年以上1回も支払われていない養育費、慰謝料の回収事例

母子家庭慰謝料
同席した長男様が印象的でした・・・
ある弁護士事務所の紹介で訪れた女性とその子供達・・・
聞けば、離婚した元、ご主人から1回も慰謝料などを支払ってもらってないとのお話でした。
ご主人とは離婚調停を経て、慰謝料養育委を毎月支払う旨を約束し調停を終了しているそうです。
債務名義も存在していました。しかし、この10年間1回も、それらの支払を受けていないとのことでした。

離婚して10年以上経過しているので長男様は、もうすぐ20才です。
長男の為に1回も養育費が支払われていない事を大変立腹されていました。

経済的に大変おこまりの様子でしたので、着手金0円成功報酬10%~20%が調査料金と言うスタイルで調査を実施いたしました。(経費も全て成功報酬に含む契約)これは、弊社としても異例の契約内容でした。

その後、債務者には、相続で譲り受けることが可能な、不動産を所有していることが判明。しかも、どうも当の本人は、その事を理解していないようでもありました・・・しかし、そんな事は、お構いなしで、弊社提携弁護士事務所と連携し、職権で相続登記を行い、その物件の差押に成功しました。
慰謝料回収
やはり、差押えられて、初めて債務者は自分は不動産を所有していたことを知ったようでした。その後、担当弁護士と債務者が話し合いの上、全額を一括で返済して頂きました。結果的には10年分の利息も回収できましたので、クライアント様は大変喜んでおられました。
ポイント
10年前の債権と諦めていたのですが、ふたを開ければ支払能力がついたようでした。

DNA検査 親子関係不存在確認事例

興味深い事案でした

ある企業様のご紹介の方でした。クライアント様はとある上場企業の執行役員様でした。
DNA親子関係鑑定
事案の内容については、自分の子供は本当に自分の子供なのか?鑑定をして欲しいとのご依頼でした。最終的は「子関係不存在で裁判を行うので弁護士も紹介して欲しい!」とのご要望もございましたので、早速関連弁護士事務所をご紹介いたしました。

調査につきましたは、弊社でDNA鑑定を行うことは可能ですが裁判所鑑定ではありませんので、裁判になりましたら、再度の鑑定が必要です。そうすれば、2回の鑑定費用がかかる可能性かあります。そこで、奥様の過去の男性歴を調査致しました。幸い、お二人は学生結婚でしたので、共通のご友人が何人も存在します。クライアント様と適任の友人を慎重に検討し、更に内偵調査を実施することにしました。結果、奥様には、結婚前に、いいなづけ様が、いた事が判明。

更に、いいなづけ様を特定いたしました。いいなづけ様に事情をお話しDNA鑑定に必要なサンプルを頂きました。お子様といいなづけ様を比較した所、DNAはいいなずけ様とお子様は親子だと結論ずけました。
DNA鑑定による親子関係確認
これで裁判の必要無くなりました。弊社としても複雑な事案でしたが、後は担当弁護士が上手く解決したという報告を受けております・・・

役員様の背任横領事件

某大手企業の役員様が個人的に会社を所有しており、その会社を利用して、勤め先の会社から売上を落としていた噂を企業様の社員の方が知り、その経緯で弊社に調査依頼が参りました。

弊社で調査した結果、本人様が代表取締役ではなく、身内の方が役員になられていた法人を数社発見することができました。しかし、その後、内偵調査を行った所、その会社大株主は役員様さあり実施的に実権握っていられることが改めて、確認されました。公共の書類など各種書類証拠を弊社で収集し、大手企業様の役員会に、ご報告させて頂きました。
調査報告書について
ポイント
弊社の調査は以上ですが、後に役員様は同社をご退職されたようです。本調査のポイントは証拠関係が公的書面を含めしっかり収集できたことだと感じています。証拠があるからこそ出来た解任劇だと自負していおります。