探偵と興信所

探偵と興信所は、依頼を受けて他者についての調査を行うという点では同じですが、その発祥が異なるため、歴史的には調査対象に違いがありました。
探偵は個人からの依頼を受けて浮気調査、素行調査、聞き込み調査、尾行、張り込みなど個人を対象とした調査をするもの、興信所は企業からの依頼を受けて取引先の企業の信用調査として法人登記簿や決算書類の調査、役員との面接調査など、企業を対象とした調査をするもの、と考えられてきました。

しかし現代においては、探偵社が企業の依頼を受けて企業を調査したり、興信所が個人からの依頼を受けて個人を調査する場合もあり、探偵と興信所の区別は無くなってきています。
なお、2007年6月1日から施行された探偵業法においては、探偵業務とは「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって、当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込み、その他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう」(同法2条1項)と規定しています。

当社、探偵エコワーク(株式会社エコワークリサーチ&コンサルティング)は、個人からの依頼も、企業からの依頼も、弁護士からの依頼も多く、探偵社であると同時に興信所でもあると言えます。