実態が不明確な探偵事務所や興信所の疑問

愛知の探偵

インターネットの検索結果のページで松村探偵事務所さんをよく見かけるようになったので、どんな探偵社なのかと思って松村探偵事務所さんを検索してみました。すると、住所地はスマートフォンの修理屋さんのようで、運営会社?も別法人のようです。それを見れば、私だけではなく、誰でも疑問に感じるのではないでしょうか?

松村探偵事務所さんの事を悪く言うつもりはないし、松村探偵社の事を言っている訳でもありませんが、実態が不明確な探偵事務所や興信所をインターネット上で多く見かけます。

何故そのような探偵や興信所が多いのでしょうか? 全く理解できないし、その理由は全く持って不可解です。また、何故、屋号の偽装のような事をしたり、複数の屋号を名乗るのかも全く理解できません。

確かに探偵業界、興信所業界、調査業界は不透明な業界だとは思いますが、お客様ファーストでクリーンな目線でビジネスを展開すれば、なんの問題も無いはずです。

顧客を獲得する競争の原理から逆算すれば、調査品質や良心的な価格やサービスなど「事実」で競争すれば良く、「嘘」や「騙し」、意図的に作った「虚偽」などを広告やHPに使う必要はないはずです。今の時代にそのような怪しいやり方をする事はナンセンスではないかと思います。