愛知の探偵が東京地方裁判所の記録を閲覧

愛知の探偵が東京地方裁判所の記録を閲覧

探偵というと尾行や張り込みを連想する方が多いと思いますが、探偵の仕事の中には地味な作業もいろいろあります。
普段は愛知県名古屋市を中心に探偵の仕事をしていますが、今回は東京へ行き、東京地方裁判所で裁判記録を閲覧することになりました。
裁判記録を調べる作業は意外に時間がかかります。

なお民事裁判の裁判記録は探偵でなくても誰でも閲覧できます。事件番号がわかれば閲覧の申請ができ、その際には身分証明書と印鑑、収入印紙150円が必要です。しかし、裁判記録はすぐに閲覧できるとは限りません。倉庫にある場合には、閲覧できるようになるまでに一時間~一日以上かかる場合もあるのです。裁判中や終了直後の事件の場合は裁判記録が出払っていて閲覧できない場合もあります。