不倫浮気調査の良くあるご質問Q&A

不倫で喧嘩

よくあるご質問Q&A

調査員の人数が増えれば料金も増えますか?

弊社では調査員の人数が増えても料金は変動しません。
あくまで定額です。本来、1人の調査員でも5人の調査員でも、それは単なる調査手法で過ぎません。
お客様から見れば、1人であろうと3人であろうと、証拠が収集できればいい話であり、そこに(人数増員)付加価値はありません。弊社は証拠収集することが目的で尾行や張込みを行うことが目的ではありません

裁判所が採用する調査とは「なんですか?」

離婚調停や離婚裁判で裁判所が有責配偶者(浮気をしている人物)だと認定される調査のことです。
誰が見ても特別な男女の仲と証明できればそれが証拠となります。

価格が調査時間無制限で15万円~最高35万円は本当ですか?

本当です!
但し、永遠に無制限と言う訳ではありません。大体1ケ月間~3ケ月間程度調査を実施します。
その後、不貞の有無を合理的、客観的に判断し、その上で、報告書の作成にかかります。
価格につきましては、特別な追加調査(例えば浮気相手が複数人いる場合)が出ない限り最高35万円(税、経費別途)で調査を完了致します。

15万円~35万円の違いは何ですか?

依頼者様が抱えている状況応じ価格に差があります。
  
①15万円・・・ 同居されていて、不貞相手も既に知っていて、また、合う日時場所も大体わかっている。その撮影など証拠収集をお願いしたい・・」

②25万円・・・ 同居されていて、以前から不貞は薄々感じている・・でも、相手は分からない、どこで何時合うのかも分からない・・・

③35万円・・・ 既に別居している。不貞しているか否かも分からない。また、何処に住んでいるかも分からい・・・
   
上記の状況応じ値段に差が生じます。

追尾(尾行)は何回くらい行いますか?

特に回数の制限は設けていません。弊社のプランは回数ではなく日数です。 
大よそ1ケ月間~3ケ月間に何回でも尾行を行います。しかし、弊社が必要と感じた時に追尾や尾行を実施いたします。
それまでは、様々な情報収集を行い対象者の行動パターンなどを把握します。対象者の行動パターンが把握できて初めて、成果が出るのです。

他社の調査会社では浮気調査の尾行3回で30万円と言うわれましたが、それはどういうことですか?

具体的には分かりませんが、コスト的に3回位の尾行が限界だと思います。
調査会社の平均的な追尾料金は1日/10万円位が相場です。
ですから、それに合わせて金額を設定していると思われます。
しかし、実際3回の追尾で証拠が収集できるケースはとても稀だと言うことも事実です。30万円の調査には、追加料金は発生しませんが「証拠を取得する為には、更なる契約や別契約が必要だと」言われると思います。
パートーナーの行動パターンがハッキリ分からない状況で闇雲に3回追尾を行ったとしても、よほど、タイミングが合わない限り実際には難しいのが実情です。

諸経費は高額になりませんか?

「高額にはなりません!」公共移動料金や車両使用料(1Km/45円)など全て実費請求で行います。また、余計な人件費など不明確な経費は一切請求しません。また、遠方の出張などは許可制ですので、知らない間に交通費が嵩むことも
ありません。諸経費は全て実費でご請求させて頂きます。

離婚しない場合(復縁希望)でも調査は必要ですか?

それは、ご依頼者様のお考えによります。離婚をしないのなら、本来は、調査は必要ありませんし、パートナー様の
怪しい行動なども、知る必要が無いかもしれません。
しかし、不貞疑惑が発覚した時、夫婦の状況は、とても、とても不安定です。先々どうなるか、誰にも分かりません。
また、後に状況が変わり裁判の必要性が出て、浮気証拠が必要になるかも知れません。
更に、その時は収まったとしても、将来的にパートナーが違う相手と浮気を行うかも知れません。とは言え、調査料金は大変高額です。調査が必要か、そうでないかは、ご本人様がよくお考えになり、じっくり、ゆっくり、お考えください。それが一番大事なことです!

弊社は、まずは「証拠や調査」が必要です!だから今契約しましょう!と、営業トークは、絶対に使いません!

心配で不安で、とても不安定な気持ちです!調査を依頼すれば気持ちが落ち着きますか?

パートナーへの不貞疑惑が浮上すれば、皆さん大変、不安な気持ちになります。
パートナー様への愛情が消え、気持ちが不安や疑いに変わり、生活やお子様、マイホームが無くなる・・などの生活状況に
危機感が増します。更に、家庭が崩壊すのではないか!と言う強い不安感に襲われます。その答えが直ちに、調査や弁護士の依頼や裁判ではありません!
まずは、信頼できる専門家に相談し気持ちや状況を整理し、事実を正しく把握してください。
その後どうするかは、後にゆっくり考えればよいのです!まずは冷静に状況を把握することを特にお進めします。
解決は、どうしても時間がかかります。漁らずじっくり状況を見守る力をお持ち下さい。