異物混入追跡調査(原因追跡調査)

異物混入事件
異物混入はもう自社だけの問題ではありません。インターネットの時代を迎え簡単に世間に公表されてしまう時代に突入したのです。今までのように、エンドユーザーを軽く誤魔化す時代は終わったのです。

また、完全なマニュアル・出入チック、高度なISOやHACCP、出荷検査、工夫された治具などなどの仕組みだけでは、これら複雑な問題は役に立たないのです。何故、それら異物混入事件が後を絶たないのか、弊社は、それらの原因解明を独自の目線で調査、解明致します。

生産の仕組みのチエックから始まり、物流、作業員のモラルチェックや企業自体のモラルチェックまで行います。工程に人が関わる以上これら、異物混入事件は絶対に避けられないことですが、それより、問題は、悪意の第三者が行う営業妨害です。
内部に、このような悪意者の存在が有る場合、監視カメラなどを設置してもなんの意味も持ちません。

逆に工程内に「嫌な空気」が流れ職場環境が悪化し生産性を低下することにもなります。また、もし、カメラを設置したとしても、カメラデーター分析にもコストが日常的に発生します。

悪意者が引き起こす異物混入は大変やっかいで企業に大きな不利益を齎します。逆に言えば、それだけ、悪意者が企業に不満を抱いてると言うことです。

弊社の調査は、設備とヒューマンメンタルの2ツを徹底的に行うことで、原因追究と再発防止を目指し更なる企業価値向上をご提案致します。

①店舗の覆面調査から生産、出荷、物流調査まで全工程を調査致します。
②全ての作業者にメンタルヒアリングを行います。
③現場の皆様のご協力が必要不可欠です。

「生産工程部分」と「ヒューマンメンタル部分」の2点を明確に棲み分け原因追究調査を行いますが、弊社が調査を実施する時には現場の皆様のご協力が必要不可欠です。内部の方が本当に「異物混入を根絶したい!」と言う強い気持ちが無ければ原因追究を行い、更なる仕組みの導入や改善を行う事は、絶対に出来ません!

弊社は、現場から現場の皆様と共に徹底的に調査を行うことで異物混入を必ず断絶いたします。

詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。※全国対応致します