外部業務監査 業務監査

機能していない業務監査

エコワークリサーチ&コンサルティングでは様々な企業内調査を行っています。
単なる調査だけではなく、再発防止などのコンサルティング機能や外部業務監査機能も果たします。
一般的には業務監査は、外部コンサルティング会社や監査法人などが行いますが、全てと言っていいほど、業務部門については問題点の深層部分までたどり着かないのが現状です。

彼らは表面的なプログラムの導入や会計監査を実施するだけなのです。従って、外部監査を行って、仮に問題点を発見し改善活動を行ったとしても、直ぐに元に状態に戻っていまいます。それは諄いようですが、問題の原因が探れていないからです。皆様が想像している以上に企業内の問題は根深いのです。

外部業務監査の標準的な項目

  • 人事・労務管理状況の把握(就業規則運用実態、人事考課 状況、労使問題管理状況)
  • 管財管理状況の把握(動産・不動産物件確認、重要書類・重要物管理状況 チェック)
  • 取引先購買先のチェック(取引先から廃棄業者、人材派遣業者まで)
  • 財務・会計処理状況の把握(資金管理、債権管理・回収、 在庫管理、経費支払)
  • コンプライアンス遵守状況の把握(登記・営業許可、取引先 との契約、社内規則遵守状況)

チェック項目

最近売上が減少している原因がよくわからない。
経営戦略がコストダウンだけである。
会計士がよく会社に来る。
締めてみないと現在の利益が特に分からない。
税務調査・監査によく入られる。
裁判事案が多い。
監査役が役員の家族であり実質的に機能していない。
一部の役員の交友関係に問題がある。
現場の生産性などより経営的な数字の方を優先している。
繁忙期と閑散期の差が極端にある。
社長の顔を知らない社員がいる。
ひと月の大半が社内調整である。
たまに新聞に社名(悪い意味で)載る。
社内に
社内に派閥がある。
組織変更や社内移動が頻繁にある。
新事業と名して、本業と全く違う事業をよく行いその事業が良く失敗する。
社内文章がやたら多くその作業を行う人員も多い。
インターネット上によく会社のことを書き込まれる。
電話応対が悪い旨のクレームがたまに入る。
製品クレームが多い。
社内不倫の噂をよく聞く。
休みがちの社員が多い。
ミスが多くバタバタした日が多い。
問題社員と呼べる人が何人か存在する。
社内にいなければならない人の姿がいつも見えない。
外部委託が多く付加価値が高い作業や重要な仕事まで外に出している。
社員証やIDカードはあるが出入りはチェックしていない。
深夜まで社内に誰かいる。
一部分だけ好調な部署や部門があるがそれ以外はいまひとつである。
営業社員の数名だけが  売上成績が良い。
逆にその他の営業社員は成績が芳しくない。
一部の地域しか売上が上がらない。
社員が個人会社を持っている。
在庫管理が画面上だけしかできていない。
未収金が多い。
縦組織、横組織の連携が取れない。
電話ではなくメールの連絡が多い。
無駄な会議が多い(会議が異常に多い)。
社員がすぐに辞める。特に中途社員が続かない。
常に人材募集しているわりには募集が少ない。
自社はブラック企業だと思っている社員が多い。
解雇、雇用継続打ち切りばかりしている。
アウトソーシングが多く知らない社員が多い。
管理部門と現場の仕事量が違う。
残業が多い割に生産性が悪い。
社員の机の上が汚い。
席を離れてもパソコンの画面を閉じない机が多数ある。
弁護士には相談できないが、社労士、会計士には相談できる案件が多い。

該当項目が多い企業様は要注意です。
専門家に、ご相談することをお勧めいたします。
また、少ない数でもその内容に、ご留意頂き社内で話し合いの場などをお作り下さい。